概 要

 姫路港は瀬戸内海の東部、播磨地域の中央部の姫路市臨海部に位置する国際拠点港湾で、港湾区域は、東西約18kmにわたり、面積約7,700haを有しており、隣接する重要港湾東播磨港とともに、工業港として、我が国の経済に重要な役割を果たしています。
 姫路港は、旧くは、瀬戸内海の交通の要衝として、城下町「姫路」を支える港として発展してきましたが、大きく発展したのは戦後であり、公共岸壁の整備と併せ、工場などの立地によって専用施設の整備が進められました。また、本港は、近畿のエネルギーの供給基地でもあり、発電所・LNG基地施設等が立地しています。
 野田川の河口に開けた旧飾磨港(飾磨地区)は旧くは、「思賀麻江」と称し、瀬戸内海を往来する船はもとより、遣唐使の船も碇泊して賑わいました。西暦985年花山天皇行幸のおり「飾万津」と改称され、その後約1千年間内海航路の要衝として隆盛を極めました。
 江戸時代は舟運によって、世界文化遺産に指定された姫路城と結ばれ、姫路藩の「海の玄関口」として栄え、明治22年港名を飾磨港とし、その後、昭和6年主要港湾に編入されて、昭和10年第二種重要港湾指定を実現し、次々と製鋼工場等の工場誘致を図りました。また、広畑港(広畑地区)では、半官半民の日本製鉄(現:新日鐵住金(株)広畑製鐵所)により岸壁・防波堤・航路・泊地などの港湾施設が次々と整備される中、昭和14年、当時世界でも有数の千トン高炉に火が入りました。
  太平洋戦争に入り、軍備増強の軍需による急激な生産増強の要請に伴い、本港臨海部の工業化が急速に進み、中断していた飾磨港の改修工事が昭和18年から再開され、広畑港とともに港湾施設の整備が進められました。戦後、昭和26年1月に、飾磨港、広畑港、網干港を包含し、姫路港として重要港湾に指定され、さらに、昭和34年4月開港に指定されました。
 昭和33年、通産省の鉱工業整備地帯として播磨地区が指定されたのに伴い、その中心港として港湾整備5箇年計画(昭和33〜37年)に基づき、飾磨地区の−10m岸壁、広畑地区の航路浚渫、網干地区の防波堤、航路浚渫等の工事に着手しました。
 さらに昭和38年に、播磨地区が工業整備特別地域に指定されるにおよび、播磨地区の中枢をなす港湾として、昭和42年6月、特定重要港湾に指定され、港湾区域も拡大され、現在の姫路港の形態を整えました。

■ 姫路港の法令上の指定 ■
(1)港湾法 : 特定重要港湾の指定(昭和42年)、 港格の名称を「国際拠点港湾」に改める(平成23年)
(2)関税法 : 開港の指定(昭和34年)
(3)港則法 : 特定港の指定(昭和38年)
(4)港湾運送事業法 : 指定港(二種港)(昭和28年)
(5)植物防疫法 : 植物防疫港の指定(昭和42年)
(6)検疫法 : 無線検疫港の指定(昭和54年)
(7)家畜伝染病予防法 : 動物検疫港の指定(平成2年)
(8)出入国管理及び難民認定法 : 指定港(昭和26年)